ED治療薬レビトラのジェネリックインド生まれの「バリフ」

EDに悩む男性のために開発された医薬品がED治療薬です。
Ed治療薬として世界で始めて登場したのが有名なバイアグラですね。
バイアグラは個人差はあっても短時間ではっきりした効果が出やすい薬なのですが、その有効成分であるシルデナフィルは食事の影響を受けやすいために空腹時に飲んで効果がしっかり現れるという性質があります。
これは男性にとっては結構なプレッシャーで、性行為に持ち込むタイミングをはかりながら空腹時に服用し、そのまま腹ぺこの状態で性行為に突入しなければならないことになります。
そこで第2のED治療薬として登場したのがレビトラです。
レビトラの有効成分はバルデナフィルで、バイアグラのシルデナフィルに比較して食事をしても影響を受けにくいのが特徴です。
またバイアグラに比べて、平均的に見て効果が早く現れる薬なので服用のタイミングもつかみやすいということであっという間に男性達の間で大人気となりました。
しかし、バイアグラにしてもレビトラにしても、ED治療を長く続けるのはなかなか大変です。
それは、ズバリ高い薬だからです。
さてここで医薬品が世の中に出てくる仕組みとして、薬には新薬とジェネリック医薬品があります。
新薬というのは新しく開発されて承認後に売られている医薬品です。
バイアグラもレビトラも、研究や実験・治験を重ねて認可にこぎつけた新薬です。
新薬が登場すると、その薬には製造特許が発生します。
製造特許というのは、その期間は他の製薬会社では同じ薬を作れません、というルールです。
でもこの新薬の製造特許が無効になりますと同じ内容の薬を製造できるようになります。
こうやって製造されたのがつまりジェネリック医薬品で、後発医薬品とも言います。
これに対して新薬は先発の医薬品です。
あまり知られていないかもしれませんが、インドには製薬会社がたくさんあって、ジェネリック医薬品を製造している製薬会社もたくさんあります。
インドはジェネリック医薬品製造のメッカとも言え、実際にインド製のジェネリック医薬品が世界中で大きなシェアを占めています。
これには先に書いた製薬の特許制度が関係しています。
インド国内では製薬においては成分特許のルールがないために、同じ成分を使って作った医薬品もジェネリック医薬品として認可されているのです。
ジェネリック医薬品のいいところは、作り方や効能が最初からわかっている薬を製造するのでコストがほとんどかからず市場での薬価が低く設定できるということです。
薬にもよりますが、新薬に比べて5分の1とか10分の1といった価格で入手できることも珍しくはありません。
内容は先に登場している新薬と同じなので、同じ効能のある薬を格安で手に入れることができるのがジェネリック医薬品の最大の特徴でありメリットです。
バリフという薬があります。
このバリフは、ED治療薬として大人気のレビトラのジェネリック品です。
インドの一流ジェネリック薬メーカーで製造されていて、既に世界中の30を超す国々で使用されている実績のある薬です。
レビトラのジェネリック品ですから、当然レビトラと同じバルデナフィルがバリフの主成分になっています。
成分や効能はレビトラとほぼ同じで価格はかなり安めなので、レビトラでの治療を続けることが経済的に難しいという男性には新しい福音です。

Comments are closed.